無常

先回こころがすべての感情を支配するとお話しました。

それでは、こころを自由にするには、どうしたらよいのでしょうか?

「祇園精舎の鐘の声、諸々無常の響きあり・・・」

おなじみの平家物語の冒頭ですが、そもそも「無常」とは、どのような意味なのでしょうか?

例えば、怒りに関して考えて見ましょう。怒りの原因は、様々です。

毎日の仕事での人間関係、子育て、夫婦関係、嫁姑等 人生は毎日大変です。

しかし、その中で「気づき」を得て学ぶこと。

それが人生の目的のような気がします。

でも、怒るのは、いけないと思いつつ怒ってしまう。

これは難しいことだと思います。

ところが考え方ひとつで変わるのが「こころ」なんです。

無常とは、この現象世界のすべてのものは消滅して、とどまることなく常に変化しているということを指す。

つまり、どんなものも(こころ)変化し続ける。一定がないということです。

ですから、一時的の感情で怒りをだしても、それは、一時的なもので変化をする。

只、どのように変化をさせるかは、自分のこころ次第ということになります。

いつまでも根に持って1 週間、1 ヶ月、1 年、ひどいひとは、10 年も怒り続けている人がいます。

まさに「無知」というほかありません。

怒りをだしても結局損をするのは、「自分」です。

相手がいたとしても「自分」に原因があるのですから、

すべての原因は、自分にあると気づいて欲しいのです。

逆に、一時的に怒りが出たとしても、その感情をすぐさま違う対象、例えば

怒ってもしょうがない。

このまま自分が怒りの感情を持っていても自分が損をする。

それより澄み渡る青空を想像して、この空のようにおおらかな気持ちを持ち、

今、自分が怒っていることがいかに人間として小さく、おろかなのかと

感じることが出来れば、怒りの感情は消えてしまいます。

しかしやっぱり難しい。それが人生です。

でも「こころはいつでも自由」になります。

今日も最後まで、読んでいただきありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA