一宮整体均整院だより 2018/9月号

今月のニュースレターは、9月残暑の中、胸を閉じていく感傷的な時季 9月の整体体操です

こんにちは、一宮整体均整院の立石です。

今年の夏は本当に暑かったですね。私も人生の中でこんなに暑さを感じたのは、初めてでした。

いつもはクーラーをそんなに使いませんが、今年は24時間フル活動でした。電気代をみてびっくりです。(笑)

9月になりました。真夏は体の熱を発散するために胸が開いてきて発散するのですが、9月は胸と脇の熱の発散をある程度確保しながら、夏用の「発散ルーパー(胸)」を徐々に閉じていく傾向が出てきます。

7月はクーラーなどで冷えてしまうとみぞおちが張って消化器の働きが悪くなったのですが、9月も同じような傾向になってきます。

すると首の頸椎4番、上胸部の胸椎4番、腰では腰椎2番、骨盤では腸骨の前後運動の動きが悪くなってきます。

9月の場合は、季節は7月と違い涼しい方向に向かうので胸を中心に身体が引き締まってきます。

胸椎4番は食道の動きに関係します。又胸椎4番は「感情の働き」とも結びついているので「胸がつかえる」「胸のつかえがおりる」「胸が張り裂けそうだ」など感情表現に良く使われる胸の反応は胸椎4番の緊張や弛緩に関係します。

また涙を流すことも胸椎4番がゆるむことと連動しています。胸椎4番が弾力を取り戻すことによって「胸のつかえ」が取れ、感情が浄化され、気分が楽になるのです。

頸椎4番は平衡感覚

頸椎4番は平衡感覚(めまい、乗り物酔い)聴覚(突発性難聴、耳鳴り)に関係します。とくに頸椎3番と4番の間が硬くなると「めまい」を起しやすくなります。

頸椎5番との間が硬くなると突発性の難聴を起しやすくなります。

9月の頸椎整体体操

これを改善するために以下の体操をお勧めします。

①まず手首を反らして両腕を広げます

②そのままの姿勢で首を横い大きく傾けます。(ここでひと呼吸します)

③呼吸を止めないでゆっくりと数呼吸しながら首も腕も力お少しずつ抜いて元に戻していきます。

自然に左右に曲げれば頸椎3.4番

首をうつむき加減いして左右に曲げれば頸椎4.5番の間が柔らかくなります。

以上が9月の頸椎3.4.5番の動くを良くする整体体操です。

また、夏の疲れの解消として塩を舐めて塩分を補給したり、ハチミツを小さじ1杯ほど舐めるのもよいです。

又、ご不明点等ありましたら来院された際やラインでご遠慮なくお聞ききください。

※上肢・腹部などの各調律点(整体用語)などの詳細は院長・スタッフにお聞きください。

整体師養成コース「氣心塾」

【貴方も手に職をつけ、やりがいを持ちませんか?】

氣心塾 2018年度塾生 随時募集中! 年間募集人員6名 (あと3名 2018年9月現在)

お電話は、今すぐ!TEL:(0586)44-3363 (9時~19時)FAX(0586)58-5917(24時間365日受付)

Eメール onenessincho@hotmail.co.jp

ホームページもご覧ください。

氣心塾HPもご覧ください。こちらをクリック!

興味のある方は、まず資料をご請求下さい。こちらをクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA